足羽福祉会HOME 採用情報 先輩職員の声 竹澤 直倫

voice

voice

興味があれば、挑戦できる

高齢者福祉施設 グループホーム美山

平成26年度入社

竹澤 直倫

NAOMICHI TAKEZAWA

自分にできることは・・・

曾祖母が特別養護老人ホームに入所していた際、曾祖母に自分にも何かできることはないのかと思う中で、自然に福祉に興味を持つようになりました。そして、社会福祉学部のある大学に進学、福祉系の職業に就職して働いているイメージが持てるようになりました。

利用者様の喜ぶ姿が原動力

私は介護老人福祉施設のグループホーム美山に勤務しています。小規模多機能型居宅介護事業を担当しており、地域にお住いの高齢者の方に対して、通所サービスや訪問、短期の宿泊等のサービスを行っています。私は特に、外出行事の企画を任され、これまでに利用者様と一緒に県立歴史博物館や福井駅前の西武デパートへ外出しています。利用者様が楽しまれている姿を見るたび、私自身も楽しく、この仕事にやりがいを感じています。

あの頃の思いは、これからも

足羽福祉会に入社後、新人研修として、施設内外の講師から講義を受けたり、認知症の疑似体験をしたりすることで介護について学んでいきました。先輩職員からは認知症の利用者様の視点や立場にたってケアをする「パーソン・センタード・ケア」という考え方を教わりました。実際に仕事を行う上で、利用者様の細かな仕草や目線の動き、言動などから想いをくみとって、何を訴えようとされているのかを考えながら支援を行うことに繋がっています。
新人職員の頃に抱いた「利用者様の気持ちを考えて、寄り添う介護がしたい」という思いは、
今でも変わりません。あの頃と同じ思いを抱いて、日々の仕事と向き合っています。

興味があれば、挑戦できる

足羽福祉会は高齢者福祉だけでなく、児童福祉や障がい者福祉まで総合福祉サービスとして幅広く事業展開しているので、興味があれば何にでも挑戦できると思い、就職を決意しました。障がい者の高齢化問題もあり、将来、障がい分野に携わることもあるかもしれません。他分野についても学び、いろいろなことに挑戦していきたいです。

休日は仲間とスポーツ

足羽福祉会のメンバーと一緒に、フットサルチーム「シンクティ」として活動
しています。職場の先輩職員に誘われたことがチームに入ったきっかけです。
月に1、2回ほど、中学校の体育館を借りて練習や試合をしています。
チームメンバーとは「芝政リレーマラソン」に一緒に出場するなど、フットサ
ル以外でも親しくしています。「芝政リレーマラソン」には平成28年から3年
連続で出場しました。

一覧へ戻る

法人本部:受付時間9:00~18:00(平日)

0776-41-3108