足羽福祉会HOME 採用情報 先輩職員の声 早川 紗貴

voice

voice

顔の見える食事作り

障がい者福祉施設 足羽ワークセンター

平成28年入社

早川 紗貴

SAKI HAYAKAWA

法人グループの「食」を支える

私は調理員として、足羽ワークセンター内の給食センターで働いています。
給食センターでは足羽ワークセンターの利用者様だけでなく、同じ法人グループの
足羽利生苑、あすわ地域生活支援センター、あすわ児童発達支援センターの利用者
様の食事も作っています。利用者様の中には、お子さんや高齢者の方もいます。
おかずの大きさを変えたり、メニューを変更することで、利用者様お一人お一人に
合わせた食事を作っています。
食事は利用者様の健康に直結しているので、衛生面には特に注意を払っています。

「おいしかったよ」がパワーワード

給食センターのおすすめメニューは「チキン南蛮」と「手作り水ようかん」です。水ようかんはベテラン調理員が絶妙な塩加減で仕上げています。利用者様からも好評ですよ。
働いていて一番嬉しいことは、やはり利用者様からの「おいしかったよ」の言葉です。その言葉をいただけると、仕事へのモチベーションが一層高まります。
足羽ワークセンターにはグループホームが併設されており、生活されている利用者様とは話をする機会も多いです。皆さん気さくに話しかけてくださるので、家族のような存在ですね。

原点はお菓子作り

子どもの頃からお菓子作りが好きで、クッキーやパウンドケーキ、ティラミスなどをよく作っていました。
作ったお菓子を美味しそうに食べてもらえた時の喜びが調理の仕事の原点です。
社会人になってからは、プライベートではあまり料理をしていませんが、お菓子は時々作っています。

顔の見える食事作り

普段から、食事を召し上がる利用者様の様子を想像しながら調理をしています。今後、挑戦したいことはグループホーム内の対面キッチンでの調理です。利用者様の目の前で調理をしたり、楽しく会話をしたりしながら、やはり想像だけでなく、おいしそうに召し上がってくださる様子を肌で感じたいと思います。

もう一つの顔は「琴奏者」

学生時代は琴部でした。今でも趣味として琴を続けています。
足羽利生苑のお正月イベントで披露したこともあります。
披露する場があると練習にも力が入ります。出演依頼、ぜひお待ちしています。
一緒に演奏してくれるメンバーも募集中ですので、ご興味のある方はお声かけください。

一覧へ戻る

法人本部:受付時間9:00~18:00(平日)

0776-41-3108