足羽福祉会HOME 採用情報 先輩職員の声 山田 雄大

voice

voice

今までの学びを生かせる
職場だと感じています。

生活介護事業所 カラフル

平成30年入社

山田 雄大

TAKEHIRO YAMADA

一人ひとりのマイライフを支えて

障がいのある方の支援においては、利用者様によって就労支援ができる利用者様と難しい利用者様がおられます。
私は主に、日中活動として生産活動の場や、地域との交流ができる場の提供をするとともに、その場での活動にも一緒に取り組んでいます。

今までの学びを生かして

大学在学時は心理学専攻だったこともあり、卒業後、中学校の特別支援クラスで支援員をしており、時々相談室で勤務していました。
学校では障がいのある方の話を聞く機会が多く、接していく中で福祉について関心を抱くようになり、直接支援ができる足羽福祉会に転職しました。
仕事をしていく中で、中学校勤務で身についた経験も活かしていきたいです。

心の会話がやりがいへ

入った当初は利用者様から見慣れない人ということで、警戒されていた時もありました。日常の中で利用者様と話す機会を、なるべく多くもつように心がけていくうちに少しずつ打ち解け、今では気軽に話しかけてくれるようになりました。
そのことが私自身を認めてくれるようになっている気がして、とても嬉しいです。

アーチェリーやサブカルチャーも磨いています

高校時からアーチェリーをしていて、高校二年生の時には国体にも出場しました。
休暇には福井県立アーチェリークライミングセンターに行って練習し、腕を磨いています。
また、一日自宅にこもってゲームをする日もあれば、アニメ鑑賞をする日もありますね。
特にアニメは1話から最終話まで休まずにみてしまうこともあり、気づいたら日をまたいでいたこともありましたね(笑)

 

支援の引き出しを増やしていくために

職場にあこがれの先輩職員がいます。
利用者様の支援をしていく中で、細やかな気遣いや、自分にはない視点をお持ちで、先輩職員のようになることが今の私の身近な目標です。
また今後、福祉の実務経験2年で受験資格が与えられる「公認心理士」の資格を取得し、支援の幅を広げていきたいです。

一覧へ戻る

法人本部:受付時間9:00~18:00(平日)

0776-41-3108